超絶ひとりっ子

日々のこと

“超絶ひとりっ子”と聞いた瞬間、これだ!と思いました。

只今、私がとっても推しているジグザグのドラマー影丸さんのことを、ボーカルの命様が言った言葉。

超絶ひとりっ子で育った影丸さんは、10代の頃ドラムに明け暮れる生活を送り、とってもドラムが上手だけど、いざジグザグに加入してドラムを叩くと、曲に合わせて叩くのが難しいことがあったそうです。

超絶ひとりっ子をバンドで育てるのは大変やったと、命様は振り返っておられました。

それに対して影丸さんは、そうなんですーと笑って受ける、なんとも和やかな雰囲気。

私もひとりっ子なので、“だからひとりっ子は~”と言われると敏感に反応します。

“ひとりっ子はかわいそう”にも反応します。

それなのに、影丸さんは受け入れて笑っている。。。

しかも、影丸さんの話には続きがあって、超絶ひとりっ子だから、会社勤めとか無理だろうから音楽でやっていこうと決めていたと。

自分の特性を知って、さらに生かす。

素晴らしい!!!

私も、“そうやねーん!、超絶ひとりっ子やねーん!”と言い切れる自分でありたいし、誰かに言われるのが嫌やったけど、自分で枠を決めてしまってたのかなとも思いました。

ビバ推し活!!!これからも応援します!!!