助産師が行く!いのちの出前講座

助産院のこと

京都府助産師会の性教育チームに所属する私は、京都府からの委託事業である『助産師が行く!いのちの出前講座』に関わらせていただいています。

そして、先日、小学校へ出前講座に行ってきました!

雪の心配などがありましたが、学校の先生方のご理解とご協力のもと、学校に行って実施することができました。

本当にありがとうございました!!!

..

聞いてくれる児童の皆さんの反応を直に聞けるのは、講義をしていてとても嬉しいことです。

例えば、
赤ちゃんがお母さんの骨盤内を通って生まれてくるところを、人形を使って再現した場面では、がんばれー!と一緒に応援してくれたり、
先生に妊婦と夫役をお願いしたお産劇では、じっと見つめたり、見なかったり、友達のそばにいたり、それぞれ感じながら参加してくれました。

講座の後には、わざわざ来てくれて質問してもらえたのも嬉しかったです。

..

今回の講座の目的には、生命誕生の仕組みを知ることの他に、いのちの大切さや多様性、社会に貢献することがありました。

講座で学んだことから、自分の命、自分の存在について考えてもらう。。。

自分のために、自分が嬉しい楽しい喜ぶことを、自分で決めていい、休憩してもいい、自分がしたいことを、いやと言っていい、なによりも自分でいることが大切。

..

性教育の目標は、『自分を大切にできる』です。

自分の心や体のことを知ることで、自分を大切にし、自分らしく生きるための教育です。

講座後に、先生のご厚意で児童の感想も見せていただけました。

伝わったかなと思う感想もいただけました!

..

誰かの人生の味方になる講座ができれば、これほど嬉しいことはありません。

反省することも持って帰り、また活かしていきます。

聞いてくれた皆さんが自分らしく生きていけるように心から願っています。ありがとうございました。