生理のお悩み ~経血~

助産院のこと

ズバリ、生理の経血は何色ですか??

誰にも話すことなく、自分の経血を見て、生理ってこんなものなのかなと思って過ごした10代。
色は黒っぽくてどろどろとした印象だった。
30代になって、自分の体を見直して、ストレスを減らすように生活すると、生理痛が減り、経血が鮮やかな赤色になった。
経血ってこんな色だったんだ。

年齢を重ねることで生理の変化に気づくことありませんか?
短いスパンでも、今回はいつもとちがうなーということがあるかと思います。

経血の色は、鮮やかな赤色が体調のいい色。
周期の終わりに近づくと茶色っぽくなっていきます。
かたまりもほとんどありません。

ズバリ、生理の量はどれくらいですか??

一つの周期で、20~140mlが正常といわれています。。。が、わかりにくいですね(^^;
多い日、昼用ナプキンを変えなくてもいいのは少ないですし、
夜用ナプキンで1,2時間でいっぱいになるのは多いです。

多すぎても少なくても、ホルモンバランスが崩れていたり、子宮内膜症などの疾患が隠れていることがあるので、量を気にしていきたいです。

これまで特に量が多いと感じたことがなかったけど、明らかに多くなって困っていたら、子宮筋腫が見つかったということもあります。
健康な生理だったからこそ、子宮の変化にも気づけます。

子宮の中では、受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなります。
でも、受精卵が着床しなかった場合、厚くなった子宮内膜をはがして、次の受精卵が着床するよう、また準備をはじめます。
その“子宮内膜をはがす”ために生理がおこります。

子宮が収縮することで、子宮内膜をはがします。
収縮の痛みが生理痛です。

この生理痛が強かったり、経血の量が多いということは、子宮がいつも以上に頑張って、子宮内膜をはがそうとしているのです。
子宮が健康でホルモンバランスを整えることで、生理の症状が落ち着いてきます。

詳しくは次に書きます(^^♪