子どもからの自立

日々のこと

長男が小学校を卒業しました。

中学の制服を着た長男は一気にお兄さんになって、嬉しいような、照れくさいような。

写真撮影は、私の方がにやけているやん。

親の方があたふたしてしまうのは“あるある”と、近所の中学生のやさしいお姉ちゃんから教えてもらいました。

子どもの方が、よっぽど冷静やね。

サプライズで、子どもたち一人ひとりから親へ手紙を読み上げてくれました。

我が子でなくても、我が子のように気持ちを受け取ってしまい、号泣。みんな素敵やー!

精一杯の気持ちを伝えてくれて、本当に嬉しかった。

子どもたちの気持ちを聞きながら、私もまだまだ子どもたちに甘えているなと思いました。

子どもからの自立

んー、まだまだ甘えたり、私の気持ちを聞いてほしい。でも、彼の人生のお荷物にはなりたくない。。。

どんだけ~!

日頃から等身大の気持ちを受け止めたいな、私の所有物にならないようにと肝に銘じます。

卒業おめでとう!!!