つばは汚いの?

日々のこと

こんにちは!京都府北部・ルル助産院の小室尚子です。

子どもたちとお風呂に入っていた時のこと。

一人の子が、お酒を飲んでブハー!っと吐く真似をしたかったらしく、水鉄砲のタンクを杯にして(笑)、豪快にブハー!!!

次第に吐く範囲は広がり、子ども同士掛け合う始末。ガハハハッー!とまあ楽しそうなこと。

♪¨̮⑅*⋆。♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚˚✩.*・゚

この光景、私が10年前、いや2年前やったら、怒ってましたね(>_<)

実際、10年前はキーキー声で「口から出すなんて汚い!床をちゃんと洗いなさいよ!」と言ってました。

でも今は一緒に笑える、リビングとかでしないでお風呂場でしてくれてよかったとさえ(*^^)v

♪¨̮⑅*⋆。♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚˚✩.*・゚

3年前くらいから、京都府助産師会の性教育チームに所属して、性教育事業に関わるようになりました。

そこで性教育は人権教育であることを知り、
性教育を学んでいくと、自分の中にある先入観が多いことにびっくりしました。

♪¨̮⑅*⋆。♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚˚✩.*・゚

10年前の言葉、“口から出たものは汚い。”

つばにはバイ菌がいるし、時間が経つと匂ったりシミになるから汚いと思っていました。

でも、子どもたちが吐いて遊んでいるのは、自分の口から出たものを汚いなんて思っていない。

むしろ楽しい。

自分の体から出たものが汚いなんておかしい。人体に必要な唾液が汚いなんて。

汚いなんて、私の意見であり価値観でした。

私がつばを吐くことを不快に思っているなら、“汚い”からやめなさいではなく、
“私は口から出すのを見ててやだなと思った”からやめてほしいなと気持ちを伝えることしていきたいです。

そうすることを嫌だったり不快に思う人もいるかもしれないから、何かするときはいい?いや?を相手に確認することがとても大切。

それが性教育から学んだ人権教育でした。

♪¨̮⑅*⋆。♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚˚✩.*・゚

自分の体から出るものは体にとって必要だったものだから、大切に思いたい!

今まで“汚い”としか思っていなかったけど、ありがとうと思えるようになってきました。

自分を大切にすることは自分のひとつひとつすべてが大切。

私が性教育に関わって学んだことです。

♪¨̮⑅*⋆。♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚˚✩.*・゚

あなたはこの世に生まれたかけがえのないたった一人の存在。

生理のことや更年期、授乳や子育て、“ちょっと聞いてー”といつでもご連絡ください⭐

あなたがあなたらしくいられますように!

お申し込みやお問い合わせはこちらから⭐どんなことでも気軽にお問い合わせください!(^^)!

この記事を書いた人
小室尚子

ルル助産院 助産師 
京都府綾部市にて、4人の子育て真っ只中の助産師です。女性が健康で活き活きと過ごすサポートをしています。妊娠~出産、産後の相談や乳房ケア、思春期や更年期の相談。木曜日はお茶会をしています。
LUNA SEA|INORAN|ジグザグ|にしやたキラキラ情報局|書道特級|足首温め隊

フォロー
日々のこと
シェア
フォロー
ルル助産院